金型工場の様子

金型サンプル

プラスチック射出成形用金型 設計・製作

他社製金型の修理やメンテナンス・改造もOK

株式会社モルテックは外装部品から機構部品まで小物部品のプラスチック射出成形用金型を設計・製作しています。
取り扱いサイズは成形機にて130トン以下、成形品平面サイズで200×130mm以下が目安です。
小ロット用の金型から大量生産用の焼入れ金型まで、成形量産数に合わせた仕様で製作します。
 

金型サンプル

金型完成後はすぐに成形トライ!

社内に横型プラスチック射出成形機を4台所有していますので、金型完成後はすぐに成形試作できます。(保有成形機は30トン、50トン、60トン、130トン)
小ロットのプラスチック成形量産や他社製金型の成形試作も承ります。
 

金型サンプル

取扱分野・樹脂

カテゴリー:自動車・家電・通信機器・ロボット・化粧品・水まわり用品・鉄道模型・その他小物全般
取扱樹脂:ABS・PC・POM・PP・PMMA・TPE・PBT ・PA66・PPS等
成形品サンプル一覧はコチラ
 

金型サンプル

他社製金型の修理や改造も承ります

作ってもらった金型メーカーが廃業してしまった。
海外で作ったのだが修理で戻すわけにもいかない・・などでお困りでしたら気軽にお問い合わせください。金型図面がなくてもできる限り対応いたします。
お問い合わせはコチラから
 

金型製作工程

金型ができるまで

1 金型設計

起型打ち合わせにて仕様が決定すると金型設計を行います。まず第一に考えるのは成形がスムーズに行えること。次に金型強度や金型加工性などを考えて設計を進めます。データ完成した時点で製造責任者と打合せを行い問題点などあれば改善します。設計データはモールドベースを含めすべて3次元CADで作成しています。
 

金型製作工程

2 モールドベース加工

マシニングセンター・平面研削盤・ワイヤー放電加工機を用いてモールドベースの加工を行います。モールドベースとは金型本体の名称です。モールドベースは固定側と可動側に分かれ各々数枚のプレートで構成されます。写真はマシニングセンターにて固定側型板の裏面を切削加工しているところです。
 

金型製作工程

3 入子切削加工

製品部分はモールドベースに直接加工するのではなく、別のブロックに加工してモールドベースに組み込みます。
このブロックのことを入子(イレコ)と呼びます。入子加工は、最初に外形の研削加工を行い次にマシニングセンターによる切削加工と穴加工を行います。
 

金型製作工程

4 電極加工

入子の製品部加工は基本的に切削加工がメインですが、切削では加工できない形状は型彫り放電加工とします。この場合には放電加工に使う電極をマシニングセンターにて製作します。1つの形状に対して粗加工・仕上加工用と2本の電極を作るのが基本です。多数個取りの場合には電極本数が増えます。
 

金型製作工程

5 ワイヤー放電加工

入子作成時に製品によっては、入子の中に小さな入子をいくつか入れる場合があります。成形時に発生するガスを抜くためとメンテナンス性向上のためです。入子のメス抜きにはワイヤー放電加工機を使います。この機械は水中で真鍮のワイヤー線と入子を放電させることで加工します。
 

金型製作工程

6 型彫り放電加工

工程4で作った電極を使い、入子に放電加工を行います。こちらは水ではなくて油の中で加工します。電極と入子を放電させることで、電極形状が反転されて入子に加工されます。その形がさらに反転して成形品となりますので、電極の形状は成形品の形と同じということになります。(ややこしいですが)
 

金型製作工程

7 手磨き

製品加工を終えた入子は、製品部分の手磨きを行います。切削加工をすれば表面が切削目となり、放電加工の場合は放電目となりますので手磨きは必要です。金型の加工はNC加工機での自動加工が主となりましたが、磨きは人間の手で行います。微細な動きが必要になるので顕微鏡を使って作業します。
 

金型製作工程

8 組立調整

加工・手磨きが終わると、いよいよ金型組立となります。まずは入子同士を合わせてみて、その後モールドベースに組み込みます。入子同士がぶつかったり不要な隙間ができていないかをチェックしながら組み立てます。問題があれば手仕上げや再加工にて調整します。
 

金型製作工程

9 成形トライ

金型が完成すると、金型テストのために成形トライを行います。どんなに精度よく金型を作っても成形品が良品にならなければ意味がありません。成形サンプルを確認して成形不具合がないかチェックして寸法検査を行います。問題が出れば、対策を検討して金型調整を行います。成形品が良品になった時点で金型完成となります。
 

ロケートリングカバー

大切な金型だから・・

オリジナルのロケートリングカバー

ノズルタッチを雨やホコリから守る

金型納入時にはモルテックオリジナルの
ロケートリングカバーをお付けしています。
ノズル口を雨やホコリから確実に守りたい、
そんな思いから生まれたサービスパーツです。
 


MTカセット・イラスト

MTカセット

オリジナル・カセット金型

低コスト・省スペース

MTカセットは金型を「モールドベース」と「モールドコア」の2組に分割したカセット金型システムです。
従来、1種類のプラスチック成形品を製作するために金型一式が必要でしたが、MTカセットなら「モールドコア」のみ製作すればOKです。(初回のみMTカセット用モールドベースの製作が必要です)
成形品サイズ・形状・アンダーカットの有無に合わせてオーダーメイドでカセットシステムを製作します。
 

MTカセット・イラスト

MTカセット導入効果

金型コスト30%ダウン(社内比)
保管も小スペース(重量1/10以下:社内比)
多品種小ロットの製品に最適なシステムです。

☆金型ではなくプラスチック成形品をご希望のお客様には、弊社所有のMTカセット用モールドベースを用いてモールドコアのみ製作し成形品にて納入致します。
 


松井宏一

 株式会社モルテックは1960年(昭和35年)に創業し、プラスチック金型一筋にやってきました。
 金型の作り方は1つではありません。10社の金型メーカーに金型を依頼すれば10通りの金型ができあがってきます。それだけに色々と工夫できるところが、金型作りの面白いところです。金型の良し悪しは成形品で決まります。どんなに精度の優れた金型を作っても成形品で良品とならなければ意味がありません。そこが金型作りの難しいところです。
 面白いけど難しい金型作り。そんな仕事を続けてこられたことに感謝して、これからもお客様に喜んでいただける金型を作っていきたいと思います。
 

代表取締役 松井宏一

会社名

株式会社モルテック

住所

〒211-0051 神奈川県川崎市中原区宮内2-6-9

電話

044-777-6744

FAX

050-3737-0117

設立

1960年(昭和35年)6月

代表者

代表取締役 松井宏一

資本金

40,000,000円

業務内容

プラスチック射出成形用金型 設計・製作
成形試作・小ロット成形量産

社員数

13名

松井宏一松井宏一

松井 宏一

代表取締役
伊藤大生伊藤大生

伊藤 大生

工場長
大谷裕之大谷裕之

大谷 裕之

営業課長
伊藤光伸伊藤光伸

伊藤 光伸

設計課長
菊地雄太菊地雄太

菊地 雄太

製造課長

企業理念
モノ作りを通じて人々の幸福と文化発展に貢献する

経営方針1:共進
お客様と共に考え良い製品を作る

経営方針2:和
和を大切にお互いを高め合う

経営方針3:挑戦
新しい技術に挑戦し続ける

1960年

東京都大田区池上にて有限会社一政(イッセイ)製作所を設立
創業者:松井一政(マツイカズマサ)

1965年

川崎市中原区宮内654番に金型工場新築・移転

1982年

川崎市中原区宮内2-6-11に成形工場を新築

1983年

川崎市中原区宮内2-6-9に金型工場を新築・移転

1987年

社名変更:株式会社一政製作所から株式会社モルテックへ

1992年

代表者交代:代表取締役 松井宏一

2015年

神奈川県優良工場表彰を受ける

CAE(流動解析)

Timon Mold Designer (東レ)

3次元CAD

Top Solid / Top Mold (コダマコーポレーション)7台
VISI Machining (VERO)

CAM

FF/CAM (牧野フライス製作所)
STL/CAM (牧野フライス製作所)
Top Cam (コダマコーポレーション)
VISI Machining (VERO)

縦型マシニングセンター

V33(牧野フライス製作所)
v22 (牧野フライス製作所)
MILLTAP700 (DMG/MORISEIKI)
MSA40 (牧野フライス製作所)

ワイヤ放電加工機

U3 H.E.A.T.(牧野フライス製作所)
U32K (牧野フライス製作所)

型彫り放電加工機

AD40L (ソディック)

縦型フライス盤

BGⅡ-85 (牧野フライス製作所)

平面研削盤

PSG-65DX (岡本工作機械製作所)

成形研削盤

GS-BM3 (黒田精工)

旋盤

RBL-50 (理研精工)

サンドブラスト機

SFK-2 (不二製作所)

横型射出成形機

EC130SXⅡ-4A (東芝機械)
EC60NⅡ (東芝機械)
CN50A-Ⅱ (新潟鉄工所)
CN30A-Ⅰ (新潟鉄工所)

非接触画像測定機

QL-L2010Z/AF (ミツトヨ)

金型分解
 

実際に金型に触る「体験研修」

「金型・成形 体験研修」を実施しています

金型の分解・組立・成形機への取付・成形条件出しなど、
座学では得られない「体験」スタイルの研修です。

研修日程は1日(9時30分~17時前後)
受け入れ人数は1回につき1名~3名様まで
☆詳細は下の「実施要項」をご覧ください。

金型体験研修の様子
 

受講者の声

☆業務上、3D-CAD内のバーチャルな領域でクローズしがちなため、実際のモノづくり領域に接することができたことは新鮮でした。真に設計部門が目指していることを実現するためにはリアルな領域のモノづくりをもっと知る必要があると感じました。
☆これまで立ち会いで金型や成形品を見ることは多かったのですが、実際に触れる機会はありませんでした。今回の研修は長年の夢を実現させていただき大変感謝しております。研修を終えて、今までの設計や設計変更内容について深く反省させられる点が多々あったことに気付きました。

社長のブログ社長のブログ

新設備・U3 HEAT

ワイヤー放電加工機を導入しました
→詳しくは上の画像をクリック

HAMILL開発HAMILL開発

読売新聞に記事

バイオリン肩当て『HOMARE』の記事が掲載されました
→詳しくは上の画像をクリック

HAMILL開発HAMILL開発

町工場3社で商品開発

歯磨きミラー『HAMIL』を開発-販売
→詳しくは上の画像をクリック

射出成形機射出成形機

新設備・射出成形機

130トンの横型射出成形機を導入しました。
→詳しくは上の画像をクリック

神奈川県優良工場表彰神奈川県優良工場表彰

神奈川県優良工場表彰

神奈川県より優良工場として表彰されました。
→詳しくは上の画像をクリック

型技術紙面型技術紙面

『型技術』に記事

雑誌『型技術』に菊地雄太の記事が掲載されました。
→詳しくは上の画像をクリック

モルテックのマンガモルテックのマンガ

モルテックがマンガに

『まいぷれ』に弊社のマンガ記事が掲載されました。
→詳しくは上の画像をクリック

学生とコラボ商品学生とコラボ商品

学生と商品企画

専修大学の学生と商品企画~販売しました。
→詳しくは上の画像をクリック

金型屋の社長から愛をこめて

金型屋の社長から愛をこめて

社長のブログです

2009年、リーマンショックの翌年・・
仕事量激減のなかで「何かをしなくては」という思いから始めたのがこのブログです。
ブログのおかげで多くの出会いがありました。
初めて来社されたお客様から「ブログ読みましたよ」と声を掛けられて嬉しいこともありました。
日記のようなことは書かずに、読んでくれた人が笑えたり元気がでたり、少しためになるような内容になるように心掛けています。
興味があれば覗いてみてください。
 
社長のブログはコチラ


アクセス地図

アクセス
株式会社モルテック

〒211-0051 神奈川県川崎市中原区宮内2-6-9 

電車でお越しの方へ
JR南武線 武蔵中原より徒歩10分ほどです。
富士通川崎工場に沿って直進、セブンイレブン前の信号を右に曲がり小さな川(二ヶ領用水)を渡り左折、川沿いに進み2つ目の橋の前です。
 
クルマでお越しの方へ
第三京浜 川崎インターより府中街道(国道409号)に出て川崎駅方面に進み宮内の信号を右折し、すぐに右折、二ヶ領用水沿いに進んで右側です。 
 

 

お気軽にお問合せください
お問合せ >

電話でのお問い合わせ先
TEL 044-777-6744
営業課長・大谷(オオタニ)
または工場長・伊藤大生まで
営業時間:8時30分~17時10分
営業カレンダー2020